• HOME
  • HOME
  • 同期のサクラ
  • 【ドラマ動画】同期のサクラ(第2話)は、パワハラあるある全開!!第2話のネタバレ含むあらすじ!!と初回無料動画サービスまとめ!

【ドラマ動画】同期のサクラ(第2話)は、パワハラあるある全開!!第2話のネタバレ含むあらすじ!!と初回無料動画サービスまとめ!

同期のサクラ

ちょっと不思議な新入社員の女の子・サクラ。

その物怖じしない堂々たるスタイルで、入社早々上司や同期を驚かせたサクラですが、第2話ではそんなサクラの入社一年後の世界を描きます。

この記事では、「同期のサクラ」第2話の【あらすじ】や【私の感想と見どころ】【視聴率】【動画サービス】をご紹介いたします。

【ドラマ動画】同期のサクラ (第2話)が見れる初回無料動画サービスまとめ!最新話の見逃し配信あり!

動画サービス一覧
⇒【Hulu】初回2週間無料・月額933円(税抜) 〇配信中
⇒【アマゾンプライムビデオ】初回30日間無料・月額500円(税込 ×未配信
⇒【paravi】初回30日間無料・月額925円(税抜) ×未配信
⇒【U-NEXT】初回31日間無料・月額1,990円(税抜) ×未配信
⇒【auビデオパス】初回30日間無料・月額562円(税抜) ×未配信
⇒【dtv】初回31日間無料・月額500円(税抜) ×未配信
⇒【FODプレミアム】(Amazon payなら)初回1ヵ月間は無料・月額888円(税抜) ×未配信
紹介している作品は、2019年11月時点の情報です。

現在は配信終了している場合もありますので、

詳細は、各公式ホームページにてご確認ください。

ドラマ【同期のサクラ】(第2話)の視聴率

同期のサクラ (第2話) 9.5%

「ネタバレ注意!」ドラマ【同期のサクラ】(第2話)のあらすじ!

現在のサクラ(高畑充希)は意識がなく病室で眠っています。菊夫(竜星涼)は、そんなサクラのお見舞いに来ています。

そして、入社2年目のときのサクラとのエピソードについて思い出していました。

時は2010年5月。サクラたちが入社してからちょうど1年が経っていました。

人事部で働いているサクラたちは、上からの指示で各部署に残業時間を減らすように通達しなければならなくなりました。

サクラは、先輩社員のすみれ(相武紗季)とともに残業削減のお願いをするため、各部署をまわっていきました。

都市開発部の葵(新田真剣佑)、広報部の百合(橋本愛)、設計部の蓮太郎(岡山天音)そして、営業部の菊夫(竜星涼)の元へもサクラは訪れます。

同期たちは皆それぞれ、自分の仕事に懸命に励んでおり安堵した様子のサクラでしたが、菊夫のことがサクラは少し引っかかりました。

菊夫の上司は、高圧的な態度で有名な営業部長の桑原だったからです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

日本テレビ「同期のサクラ」(@douki_sakura)がシェアした投稿

菊夫は桑原から、無理な要求を次々と強いられていました。

今回は、業者に工期を1ヶ月早めるよう伝えなければなりません。

もちろん業者には無理だと断られてしまいます。

菊夫が重い足取りで向かった定食屋さんには、たまたま同期が集結していました。

そのお店はかつてサクラが4人を連れてきたことのあるお店であり、皆お店の常連さんになっていたようです。

話題は菊夫の上司・桑原の話になりますが、サクラは特に言及することはなくさっさと帰ってしまいました。

場面は変わり、人事部が各部署の残業時間をチェックしています。

営業部は案の定、残業時間は減っていません。

特に菊夫の勤務時間の長さは人事部でも話題になります。

再び営業部に赴いたサクラですが、桑原を激怒させてしまいます。

その後もサクラは桑原への接触を試みますが、働く菊夫を止めることはできず、とうとう菊夫は、過労で倒れてしまいました。

入院中の菊夫の元をサクラが訪れると、菊夫は辛い気持ちを吐露しました。

自分が何のために働いているのかわからないと涙を流す菊夫に、サクラは、「菊夫くんが、今一番応援しないといけないのは、自分自身。思いっきり自分のお尻を叩いてください」と助言しました。

翌日、菊夫は桑原に自分の気持ちを伝えることを決意し、サクラにその旨をメールで伝えました。

サクラは、菊夫の様子を営業部まで見に行きます。

たまたまエレベーターで乗り合わせた同期のメンバーもついてきました。

やはり、菊夫は言い辛くて悩んでいました。そんな菊夫のお尻をサクラは思いっきり叩き、菊夫にカツを入れます。

菊夫は相変わらず横暴な桑原に、「これからは自分の意志で仕事をしたい」と、ついに伝えました。

桑原はさらに菊夫を追い詰めようとしていましたが、そこに建設現場でトラブルが起こったという連絡が入り、菊夫はそこへ駆けつけていきました。

しばらくして、サクラの会社では人事異動がありました。

サクラは相変わらず人事部のままです。

しかし、桑原は営業部から土木部に異動することに。

これでもう菊夫のことは安心ですが、土木部はサクラがいずれ行きたい部署です。

エレベーターでサクラは桑原と乗り合わせます。

桑原に「絶対に土木部には入れない」と圧をかけられるサクラでしたが、平然と「香水の匂いが強すぎます」と言い、去っていきました。

【ドラマ動画】同期のサクラ (第2話)が見れる初回無料動画サービスまとめ!最新話の見逃し配信あり!

動画サービス一覧
⇒【Hulu】初回2週間無料・月額933円(税抜) 〇配信中
⇒【アマゾンプライムビデオ】初回30日間無料・月額500円(税込 ×未配信
⇒【paravi】初回30日間無料・月額925円(税抜) ×未配信
⇒【U-NEXT】初回31日間無料・月額1,990円(税抜) ×未配信
⇒【auビデオパス】初回30日間無料・月額562円(税抜) ×未配信
⇒【dtv】初回31日間無料・月額500円(税抜) ×未配信
⇒【FODプレミアム】(Amazon payなら)初回1ヵ月間は無料・月額888円(税抜) ×未配信
紹介している作品は、2019年11月時点の情報です。

現在は配信終了している場合もありますので、

詳細は、各公式ホームページにてご確認ください。

ドラマ【同期のサクラ】(第2話)の感想と見どころ!!

同期の菊夫のオーバーワークが気になるサクラは、菊夫が残業しなくても良いように一生懸命菊夫の部署に通い戦い続けました。

サクラは決してヒーロー的な存在ではなく、威圧的な桑原をギャフンと言わせることはできず、サクラの手で菊夫を救うことはできませんでした。

しかし、過労で倒れた菊夫は自分自身で今の状況を打破するために立ち上がります。

結局は人事異動という形で菊夫は桑原から解放されることとなりますが、もしこのまま菊夫が営業部にい続けた場合、菊夫が桑原に屈することから逃れられたか…となると、それは難しいと思います。

まだまだ若手社員のサクラや菊夫は無力であり、状況を変えたり立場の強い者に打ち勝つことは難しいかもしれません。

それでも、何もせずに現状を受け入れることと、現状を変える努力をすることは全然違うということに気付かされました。

ドラマ【同期のサクラ】(第2話)のまとめ

どうやらサクラが同期のメンバーひとりずつと心を通わせていくというストーリーであるようですね。

次回は、サクラたちの入社三年目の世界が描かれます。

そろそろ会社にも慣れてきた頃でしょうか。

同期たちそれぞれの働き方に注目!!!

ピックアップ記事

関連記事一覧