• HOME
  • HOME
  • シャーロック
  • 【ネタバレ】シャーロック(特別編)海に消えた相棒を探す!現実を受け入れらない若宮。感想とあらすじ!

【ネタバレ】シャーロック(特別編)海に消えた相棒を探す!現実を受け入れらない若宮。感想とあらすじ!

シャーロック

シャーロック 前回は、誉(ディーンフジオカ)が宿敵の守谷(大西信満)と直接対決する展開になりましたが、

特別編では若宮(岩田剛典)が消息不明の誉の謎に迫る展開に?!

この記事では、シャーロック特別編の【ネタバレ&あらすじ】や【私の感想と見どころ】【見逃し配信おすすめ動画サービスまとめ!】をご紹介致します。

⇒【全話まとめ】シャーロック(第1話から最終回)最新話までの見逃し全話フル全視聴率!DVDとブルーレイ・原作情報のまとめ!詳細はこちら

シャーロック特別編のネタバレ&あらすじ!


誉が海の中に消えてから1週間が経っていました。

意気消沈する若宮の前にジャーナリストの門司かれん(木南晴夏)がやってきます。

かれんは誉の功績を後世に残すため、若宮に話を聞きたいと考えていました。

しかし若宮は、いきなり現れた怪しいジャーナリストを警戒し何も話すことはないと言い切ります。

誉が、消えたことを受け入れられない若宮は、部屋に帰っても誉の私物を見ては悲しんでいました。

いつの間にか朝になっていた若宮の目の前に管理人(かたせ梨乃)とかれんが現れます。

なんと管理人が、勝手に部屋の鍵を開けて入ってきたのです。

かれんは、家賃を支払えない若宮の代わりに報酬を前払いし、誉のことを調べる手伝いをさせようと考えていました。

最初は乗る気じゃなかった若宮でしたが、次第に誉の残したものを正確に記録できることは、自分の使命かもしれないと思い始めました。

そして、かれんと手を組み、誉に関わった人物に、若宮も話しを聞きにいくことにします。

そこで誉と若宮に恨みを持つ人物はかれんが担当し、誉に救われた人物を若宮が担当することになりました。

かれんは、過去に誉が担当した事件の犯人である赤羽(松本まりか)の元を訪ねました。

その後も次々と事件の関係者に話を聞くかれんと若宮でしたが、誉に関する謎は深まるばかりでした。

その後江藤(佐々木蔵之介)から連絡のあった若宮は良い知らせと悪い知らせを聞くことになります。

一体江藤が若宮に伝えたかったこととは何だったのでしょうか?

シャーロック特別編の感想と見どころ!

シャーロック特別編の見どころは、誉の若宮に対する愛情だったと思います。

毎回事件を冷静過ぎるほど淡々と解決したきた誉は、人の血が通っていないのではないかと思ってしまうほどでした。

しかし、江藤から若宮に誉の捜査が打ち切られ、誉のコートから若宮宛てに手紙が見つかったことを伝えたシーンで、誉がいかに若宮を大切に思っていたかが分かりました。

誉は、若宮に自分が消えても悲しむ人はいないような生き方をしてきたことを書いていました。

そして、守谷(大西信満)を自分の手で葬り去ることを望んでいたことも書いていました。

しかし誉は、その場所に若宮を連れていくことだけは、望んでいなかったのです。

なぜなら、誉にとって若宮は、友人であり大切な人だったからです。

人に好かれない誉を受け入れ、真っ直ぐに向き合った若宮に、誉は感謝していたのではないでしょうか。

そして、時は流れ3年後になりました。

なんと事件を追う若宮の前に、消息不明の誉が現れたのです!

誉が生きていたことが最後の最後に分かり、本当に嬉しく思いました。

やはり誉も若宮を必要としていたのだと思います。

また、いつかシャーロックで、誉と若宮のナイスコンビが見られることを期待したいと思いました。

シャーロック特別編のSNS(ネット)のみんなの感想!

シャーロック特別編のまとめ

シャーロック特別編では、誉が消息不明になってから1週間が経過していました。

そして若宮は、誉が生きていることをずっと信じていました。

若宮と同じ考えを持ち、誉の功績を後世に残すことを目的とするジャーナリストのかれんと手を組み若宮は奮闘し始めます。

若宮とかれんは、誉に関わったことのある人物に片っ端から話を聞いて回ることにしました。

誉の謎が深まる中で、次第に若宮は自分自身も前に進まなければならないと感じ始めます。

時は流れ3年後になっていました。事件を誉のように考察する若宮の目の前に消息不明だった誉が現れました。

そして、涙を浮かべる若宮や江藤の隣で、何事もなかったかのように淡々と事件を解決する誉だったのです。

⇒【全話まとめ】シャーロック(第1話から最終回)最新話までの見逃し全話フル全視聴率!DVDとブルーレイ・原作情報のまとめ!詳細はこちら

ピックアップ記事

関連記事一覧