• HOME
  • HOME
  • アニメ
  • 【アニメ・ネタバレ】本好きの下剋上(第6話)新キャラ・ベンノ登場!マインの病名が判明?!感想とあらすじ!

【アニメ・ネタバレ】本好きの下剋上(第6話)新キャラ・ベンノ登場!マインの病名が判明?!感想とあらすじ!

アニメ

本のない世界へと転生してしまった本栖麗乃(もとす・うらの)。彼女は「本がなければ本を作ればいい!」と本を作りたい一心でさまざまなことに挑戦します。

しかし、どれもこれも失敗続きでマインの本作りは前途多難を極めているようです。

それでもめげずに本を作ろうとするマインに是非注目してほしい本作品。

第6話は新しい登場人物が出てきたり、マインの病名が明らかにされたりと物語が進展するような前兆が散りばめられていました。

この記事では、本好きの下剋上の第6話の【ネタバレ&あらすじ】と【感想と見どころ!】【見逃し配信おすすめ動画サービスまとめ!】をここでは紹介します。

⇒【アニメ版・全話まとめ】「本好きの下剋上」(第1話から最終回)最新話までの見逃し全話フル!DVDとブルーレイ・原作情報のまとめ!!の詳細はこちら

【見逃し配信】本好きの下剋上(第6話)動画サービスまとめ!

動画サービス一覧
⇒【FODプレミアム】(Amazon payなら)初回1ヵ月間は無料・月額888円(税抜) ⇒第1話無料視聴!
⇒【U-NEXT】初回31日間無料・月額1,990円(税抜)漫画あり 〇配信中
⇒【paravi】初回30日間無料・月額925円(税抜) 〇配信中
⇒【Hulu】初回2週間無料・月額933円(税抜) 〇配信中
⇒【アマゾンプライムビデオ】初回30日間無料・月額500円(税込) 〇配信中
⇒【auビデオパス】初回30日間無料・月額562円(税抜) 〇配信中
⇒【dアニメストア】初回31日間無料・月額400円(税抜)
〇配信中
紹介している作品は、2019年12月時点の情報です。

現在は配信終了している場合もありますので、

詳細は、各公式ホームページにてご確認ください。

本好きの下剋上(第6話)のネタバレ&あらすじ!

いよいよルッツをオットーに会わせる日がやってきました。

第一印象は大事だからと入念に準備をするマイン。

そこにはオットーだけでなく、オットーの知り合い・ベンノもやってきて2人に紹介するのです。

※画像引用:本好きの下克上公式サイト

しかし、オットーたちはルッツに旅商人はおススメできないと諭します。

だから、「商人ならどうか?」と提案するマインたちに「商人になりたい」と宣言するルッツでしたが、「何を売りたい?」と聞かれ、答えに詰まってしまいます。

そこで、マインは「私が作る紙を売る」ことを提案し、従来の羊皮紙ではなく、植物を使って紙を作ることができればコストを抑えられるとベンノたちに言うのでした。

その発想に驚きを隠せないベンノたち。

そして、来年の夏、マインたちの洗礼式までに試作品を作るから、そこでそれを使えるかどうか判断してほしいと、強気な発言をするマイン。

そんなマインたちに興味を示すベンノ。

ベンノたちと別れたマインは、紙を作れることで大喜び。

しかし、紙を作るための道具、つまり釘がないことに気付くのでした。

また、マインはオットーから旅商人を辞め、高い市民権を買った理由を聞くのです。

それは旅の途中に出会ったコリンナと結婚するためだとマインに話します。

そんなコリンナが髪にツヤを出す方法を知りたがっていることを思い出したオットーは、マインに釘と交換しないかと取引を持ち出すのでした。

こうして釘を手に入れたマイン。

そうしてまたもやルッツと試行錯誤の紙作りが始まったのでした。

そんな折、ベンノから招待状をもらうマインとルッツというところで第6話は終わりです。

⇒【アニメ版・全話まとめ】「本好きの下剋上」(第1話から最終回)最新話までの見逃し全話フル!DVDとブルーレイ・原作情報のまとめ!!の詳細はこちら

【見逃し配信】本好きの下剋上(第6話)動画サービスまとめ!

動画サービス一覧
⇒【FODプレミアム】(Amazon payなら)初回1ヵ月間は無料・月額888円(税抜) ⇒第1話無料視聴!
⇒【U-NEXT】初回31日間無料・月額1,990円(税抜)漫画あり 〇配信中
⇒【paravi】初回30日間無料・月額925円(税抜) 〇配信中
⇒【Hulu】初回2週間無料・月額933円(税抜) 〇配信中
⇒【アマゾンプライムビデオ】初回30日間無料・月額500円(税込) 〇配信中
⇒【auビデオパス】初回30日間無料・月額562円(税抜) 〇配信中
⇒【dアニメストア】初回31日間無料・月額400円(税抜)
〇配信中
紹介している作品は、2019年12月時点の情報です。

現在は配信終了している場合もありますので、

詳細は、各公式ホームページにてご確認ください。

本好きの下剋上(第6話)の感想と見どころ!

ルッツをオットーに会わせるために、身だしなみをきちんとさせることや代替案を考えているところは、仕事ができる女性そのものだな。と感じました。

6歳児の姿なので、なかなか分かりづらいところもありますが。

これは、ただ賢すぎる6歳児というだけではすまなくなってくるのではないかと、若干ハラハラさせられます。

その違和感を抱いているのが、新たに出てきたベンノですよね。

彼が、今後の展開に重要な人物のような気がしてなりません。

そして、それとは真逆に本作りに1歩前進したことで大喜びするマインはまるで子供のようで、そのギャップも可愛かったです。

ルッツの将来も前途多難のような感じではありましたが、マインとルッツが将来的にコンビを組んで仕事をすることができたらこれはまた素晴らしいものになるだろうな。と思いました。

最後にマインの病名が明かされましたが、名前からして恐ろしい病気のような感じです。

いくらマインが賢くても病気に打ち勝つことができるのでしょうか。

この勢いだと薬まで作ってしまいそうな感じですが、いろいろ物資が現世と違うなかではなかなか難しい感じもします。

このように今後のマインが気になってしまうところで第6話は終わってしまったので、まだまだ目が離せない作品となりました。

本好きの下剋上(第6話)まとめ

第6話の見どころは、マインの賢さと幼さ、ベンノの登場、紙作りへの第1歩といったところです。

そしてベンノとマインたちの今後のからみ、ルッツの将来、マインの病気についてなどが今後の展開で注目したいところですね。

ピックアップ記事

関連記事一覧