• HOME
  • HOME
  • おすすめガジェット
  • 【選び方解説】アマゾンFire TV Stickとグーグルクロームキャストはどっちが良い?!違いは?!どちらもメリット・デメリットがある!!

【選び方解説】アマゾンFire TV Stickとグーグルクロームキャストはどっちが良い?!違いは?!どちらもメリット・デメリットがある!!

おすすめガジェット

【youtube】【paravi】【Hulu】【U-NEXT】【アマゾンプライムビデオ】【auビデオパス】【dtv】など動画配信サービスは数多くあります。

そんな動画配信サービスや「youtube」スポーツ好きなら「DAZN」などをテレビの大画面で見たい場合は、「アマゾンFire TV Stick」や「グーグルクロームキャスト」の機器を使用します。

これらはHDMI端子対応のテレビに挿し、Wi-Fiにつなぐだけで、テレビの大画面で動画を視聴することができるので、その手軽さが人気です。(Wi-Fi環境が必要です。)

この記事では、アマゾンFire TV Stickとグーグルクロームキャストの違いはどこなのか?!選び方を解説致します。

また、どちらにもメリットやデメリットがあるので、購入者の視点から詳しくご説明致します。

アマゾンFire TV Stickとグーグルクロームキャストはどっちが安いのか?!価格の比較もしていきます。

アマゾンFire TV Stickとグーグルクロームキャストはどっちが安い?!価格の比較!

▼アマゾンFire TV Stickの価格▼
アマゾン
⇒Fire TV Stick – Alexa対応音声認識リモコン付属 4,980円
⇒【4K対応】Fire TV Stick 4K – Alexa対応音声認識リモコン付属 6,980円
▼グーグルクロームキャストの価格▼
楽天市場
⇒Chromecast 第3世代 4,920円
⇒【4K対応】Google CHROMECAST ULTRA 9,480円

【選び方】アマゾンFire TV Stickとグーグルクロームキャストの仕様の比較・違い!

▼アマゾンFire TV Stickの仕様▼
サイズ 85.9 mm x 30.0 mm x 12.6 mm
重量 32.0g
出力 1080p、最大60fps
Bluetoothヘッドホン対応 対応
無線 802.11a/b/g/n/ac対応。

5GHz帯はW52の36, 40, 44, 48の4チャンネルにのみ対応

ポケットWiFi 接続可能
▼グーグルクロームキャストの仕様▼
サイズ 51.9 mmx13.8mmx1.52 m
重量 40 g
出力 1080p、60 fps
Bluetoothヘッドホン対応 未対応
無線 Wi-Fi 802.11ac(2.4 GHz / 5 GHz)
ポケットWiFi 接続可能

上記が基本的なアマゾンFire TV Stickとグーグルクロームキャストの仕様の比較・違いです。

一番気になるのが、Bluetoothヘッドホン対応未対応ですね。

アマゾンFire TV StickならBluetooth機能が付いています。

ですので、BluetoothヘッドホンやBluetoothスピーカーに繋いで楽しむことができます。

一方で、グーグルクロームキャストは、Bluetooth機能は未対応です。

グーグルクロームキャストをBluetoothイヤホンで視聴する場合には、テレビにBluetoothトランスミッターが別途必要になります。

Bluetoothヘッドホンで手軽にテレビの大画面で楽しみたい方は、アマゾンFire TV Stickがおすすめとなります。

【選び方】アマゾンFire TV Stickとグーグルクロームキャストの違い!!

一番の違いは、リモコンがあるのか無いのかです。

アマゾンFire TV Stickでは、専用のリモコンで操作を行います。

また、アマゾンプライムビデオなら音声での検索もできます。

グーグルクロームキャストでは、スマホの専用アプリで操作を行います。

ここが決定的に違います。

リモコンで操作とスマホで操作する点で違いますが、アマゾンFire TV Stickは、専用のアプリを使えばスマホでの操作が可能です。

いちいちアプリ立ち上げるのも面倒だし、リモコンで操作した方が楽だなぁ~と感じる方は「アマゾンFire TV Stick」。

↓↓↓「アマゾンFire TV Stick」の詳細についてはこちら↓↓↓

⇒【paravi・Hulu・U-NEXT】アマゾンFire TV Stickで動画配信サービスを見る方法と設定方法!

リモコンだと無くし易いし、スマホだけでできるなら簡単じゃん!と感じる方は「グーグルクロームキャスト」。

↓↓↓「グーグルクロームキャスト」の詳細についてはこちら↓↓↓

⇒【paravi・Hulu・U-NEXT】グーグルクロームキャストで動画配信サービスは見られるのか?!デメリットも解説!!

【選び方】アマゾンFire TV Stickとグーグルクロームキャストのメリット・デメリット!

アマゾンFire TV Stickのメリットとしては、リモコンが快適なことです。

リモコンの上部にある「マイク」マークは、音声を認識してくれます。

Alexaという音声認識アシスタントです。声だけで操作ができるということです。

動画の再生、早送り、早戻しなどの操作はもちろん、天気予報やプロ野球やJリーグなどの結果も教えてくれる優れものなんです。

アマゾンプライムビデオ内の作品のみ、作品名をAlexaに話せば、検索して探すこともできます。

※音声認識で作品を探せるのはアマゾンプライムビデオのみです。

アマゾンFire TV Stickのデメリットは、会員登録の際などの文字入力が若干面倒くさいですね。

また、アマゾンプライムビデオ内の作品なら音声で検索できますが、それ以外ですと作品を探すときに文字入力する場合は、ちょっと面倒です。

グーグルクロームキャストのメリットとしては、リモコンがスマホ操作なのでとてもシンプルなことです。

リモコンのように無くす心配も少ないですし、電池がなくなって買いに行く手間も省けます。

スマホなら充電すれば使えますからね。

また、TV画面に動画を流しながら、スマホをいじることができます。

これにより、TVの画面に子供が見たがる動画を流しつつ、スマホは自分の手元にがっちりキープすることができます。

グーグルクロームキャストのデメリットは、専用のリモコンがないということです。

メリットにて、リモコンがスマホ操作なことです。と答えましたが、逆にデメリットの場合があります。

操作をスマホで行うので家族や友人にスマホを渡すことがあります。

コンテンツの操作にスマホが必須なので、自分のスマホを他人に渡すケースが出てきます。

これってちょっとしたことですが、ストレスになります。

アマゾンFire TV Stickとグーグルクロームキャストのメリット・デメリットでは、リモコン操作かスマホ操作かの問題ですね。

両方に良し悪しが存在します。

どちらを選ぶかは、「リモコン操作かスマホ操作か」も考慮して検討するべきです。

【選び方】アマゾンFire TV Stickとグーグルクロームキャストはどっちが良い?!

2つ以上当てはまる場合は、そちらを購入するのがベストです。

アマゾンFire TV Stickの選び方

  • アマゾンプライム会員である!
  • アマゾンプライムビデオを良く見る!
  • テレビで音楽(アマゾンプライムミュージック)も聴きたい!
  • YouTubeも大画面で見たい!
  • 専用リモコンの方が楽だ!音声認識も使いたい!
  • Bluetoothヘッドホン対応している方が良い!
アマゾンFire TV Stick
⇒Fire TV Stick – Alexa対応音声認識リモコン付属 4,980円
⇒【4K対応】Fire TV Stick 4K – Alexa対応音声認識リモコン付属 6,980円

グーグルクロームキャストの選び方

  • アマゾンプライム会員ではない!
  • アマゾンプライムビデオは見ない!
  • リモコンだと無くし易い!
  • YouTubeも大画面で見たい!
  • 今のところBluetoothヘッドホンを使う予定はない!
楽天市場(グーグルクロームキャスト)
⇒Chromecast 第3世代 4,920円
⇒【4K対応】Google CHROMECAST ULTRA 9,480円

まとめ

今は解消されていますが、グーグルとアマゾンはライバル関係にあり、以前は、「グーグルクロームキャストでアマゾンプライムビデオが見れなかったり」「アマゾンでグーグルクロームキャストは販売されていなかったり」「YouTube公式アプリがFire TVで非公開となったり」とバチバチの関係だったのは言うまでもありません。

ですが、今後どうなるかわかりませんので、アマゾンプライム会員の方は、「アマゾンFire TV Stick」を選ぶべきですね。

どちらもテレビの大画面で動画コンテンツなどを存分に楽しめるので、1家に1台は欲しいですね。

また、どちらもテレビからすぐに外せるので、旅館やホテルに泊まりに行ったときも、そこのテレビに差し込めば使うこともできます。(WiFiやポケットWiFi必須)

今や無料でWiFiが使える旅館やホテルがありますので、外出先でも大画面で動画などのコンテンツを楽しむことができます。

ぜひ、検討してみてはどうでしょうか。

ピックアップ記事

関連記事一覧